カフェ響通信

2017年3月13日 9時43分50秒 (Mon)

2017年2月のカフェ響関東

日時:2月27日((月)11時半〜15時半
場所:東京かこいや
参加人数:大人11名

今回は初めて参加の方を含め大人11名でのカフェとなりました。
私自身久しぶりのカフェで人数も多く、初めてお会いする方もいたのですが、席についた途端おしゃべりが始まり、笑い(大爆笑)あり涙ありの時間が過ぎていきました。
私は次男を亡くしてもうすぐ5年になります。最近になり、亡くしたばかりの頃と比べ自分の気持ちが変わってきているのを感じることが多くなりました。
もちろんまだまだ落ちることもありますが、カフェでいろいろな話をしながら、みなさんと想いを分かち合うことが少なからず気持の変化に繋がっているのではないかと思っています。
久しぶりのカフェでしたが、自分にとって大事な場所であると再確認できました。

文・tokotoko

2016年11月27日 8時00分59秒 (Sun)

2016年10月のカフェ響

日時 10月7日 11:30~14:00
場所 東京駅そば かこいや
参加者 大人8人 子供1人

1ヶ月半から2ヶ月に一度のペースで開催しているカフェ響。今回は10月の上旬に開かれました。
今回、初めて参加された方もいらっしゃいました。7月に男の子さんが天国にサッカー留学されたお母さんです。
息子さんの可愛い写真をみせてもらいました。天使になったお子さんの写真を見る度に思うのは、皆可愛く優しく聡明で なんて頑張り屋さんだったんだろうと。
今は皆で 明るいお空の上で いっぱいご褒美を貰って遊んでいるのかな、などと考えてしまいます。
他にも、約一年ぶりに会えたお母さんたちもいたり、連れて来てくれたお子さんも大きくなっていたりで、皆で近況を語りました。
子供を亡くす、という経験をしても私自身や家族の人生はそこで終わってしまった訳ではなく 毎日を生きて行かなければなりません。どんなに辛くても悲しくても、毎日を、時を進ませて行かなくてはなりません。
そんな毎日を過ごし 同じ想いを分かちあえる このカフェに癒され 何とか歩んでいくチカラを貰っているのです。
天使の結んでくれた 他のお母さんたちとの縁に感謝をしつつ帰路につきました。

文責 たこ焼き

2016年2月7日 12時42分34秒 (Sun)

カフェ響 新年会

カフェ響 新年会画像 日時:2016年1月30日 12:00〜17:00
場所:パセラ池袋本店
参加者:大人22名 子供12名 合計34名

いつもは平日に開催されている カフェ響のスペシャルバージョン、新年会カフェです。

通常のカフェは平日に開催されているのでお父さんや小学校に通っているお子さんたちは参加が難しいですが、今回は土曜日開催。お父さん方やお子さんたちも多数参加の賑やかなカフェになりました。

この大人数が個室で、心置きなく話せるのは やっぱりカラオケのパーティールームが一番ですね!昨年の新年会カフェに はっぱさんが使ってくれたカラオケ屋さんがとても良かったので、今年度もリピです。

今回、カフェに初参加のお父さんがお一人いらっしゃいました。いつものカフェには参加したことのないお父さんやお子さんも数人いらっしゃいます。
とりあえず、お父さん席、お母さん席、子供席、とエリアを区切って席を決め、代表挨拶→自己紹介との流れでしたが‥
初対面の方々がいらっしゃるのに、皆さん、喋る喋る!!
途中参加のメンバーも来て、何回か自己紹介も中断しましたが、最後まで カラオケなのに1曲も歌わず(笑)、沢山話して沢山笑って涙ぐんで。いつものカフェになりましたv

やっぱり、同じ遺族の 同じ経験を乗り越えて来た同士のようなこの会のメンバー。子供を亡くしてしまった日常では、なかなか本音など吐き出す場がありません。ここでは、心置きなく 自分の心のままに語っていい。みんな、わかってもらえる。そんな絶大な安心感があります。 この場を与えられて、本当に天使たちに感謝しています。

ご参加の皆様、本当にありがとうございました。

文責 たこ焼き

2015年12月6日 7時51分00秒 (Sun)

2015年11月のカフェ響

2015年11月のカフェ響画像 2015年11月のカフェ響 関東

日時:12月1日 (火 ) 11時半〜15時
場所:東京 かこいや
参加人数:大人7名・子ども1名

今回のカフェは東京駅近くの炉端料理 かこいや 丸の内店で行いました
先日、参加した講演会での話やその時に頂いた冊子、その他にも持ってきてくれた絵本(妹をなくしたお兄ちゃんの話)などを見て話をしました
2時間半のランチでは足りなく、その後も場所を移して話をしました

私が息子をなくして3年半が経とうとしていますが、カフェでのみなさんとの交流を通してはっきりしたことは、子どもをなくした悲しみは乗り越えられるものではなく、一生抱えたまま生きていくということです
そのためにはカフェの存在はとても大きなものになると思っています
人にはなかなか言えないすごくマイナスな考えや暗い気持ちもここでは「分かる〜!」と言って聞いてもらえます
そのことがどんなに救われることか…

カフェに参加してくださるみなさんに感謝です!
これからもよろしくお願いします!

文・tokotoko

2015年9月25日 1時17分35秒 (Fri)

9月のカフェ響関東

9月8日に東京・上野でカフェ響が開催されました。
今回は7名とお子さん1名の参加でした。群馬や茨城からも参加され、まさに関東カフェと言った感じでした!
いつもよりも人数も少なく、それぞれゆっくりと子供達の写真を見ながら、自己紹介や近況報告。
こんな講演会に行って来たよ!とか、イベントで展示されていた在宅ケアの記事を読ませてもらって涙したり…
いつものように、泣いたり笑ったりしてあっという間に時間が経ってしまいました。
近くのお店に移動してデザートを食べながらもまだまだ話は尽きません。
私自身、子供を亡くしてもうすぐ2年が経ちます。
亡くして数ヶ月でカフェに参加し、誰にも相談できないその時その時の想いをカフェで話す事で何とか日常生活を過ごしてきました。
そんな私も今回の参加者の中では、亡くしてからの年月が長い方で、ちょうど1年前の私と重なる方もいて、自分の経験談を話してみたり…
カフェでの出会いを通して、少しでも気持ちがラクに過ごせる時間を持てれば、、と思っています。
私がそうであったように…

まき


ボランティア「響」ブログ

123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031

カフェ響通信

123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031

カテゴリー

アクセス数
ページビュー数